• 匂いで感染判明のクラミジアや第四性病にジスロマック

    2017年5月4日

    性器クラミジアは、男女共に最も感染者数の多い性感染症であり、ジスロマック等の抗生物質で治療が行われていますが、男女共に自覚症状の無い感染患者が多い為に感染に気付かず水平感染を拡大してしまっている性感染症です。特に女性は、痛感神経の少ない子宮頸管に感染する為自覚症状が少なく菌が上行し膣に感染してしまい...

    記事の続きを読む

  • ジスロマックは性病、扁桃腺炎や尿道炎などに有効

    2017年4月2日

    ジスロマックは、一般的に性器クラミジアや淋病などの性行為感染症STDの治療薬として知られていますが、尿道炎や子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、副鼻腔炎だけで無く、扁桃腺炎や扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍、急性気管支炎、肺炎などの呼吸器系の疾患など様々な種類の疾患の治療薬としても用いられています。扁桃腺炎は、風...

    記事の続きを読む

  • ジスロマックの作用機序と慰謝料請求の手順

    2017年2月19日

    ジスロマックは、ニューマクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とする蛋白合成阻害剤であり、菌のリボソームのサブユニットと優先的に結合する事で転写された塩基配列基づきアミノ酸を移動させるtRNAの働きを抑制し、タンパク質合成過程の初期段階で阻害する効果が期待出来ます。又、胃腸症状などの副作用の発...

    記事の続きを読む

  • 東京都に多いクラミジアのジスロマックと治療期間

    2017年1月18日

    ジスロマックは、15員環マクロライド系抗生物質アジスロマイシンに優れた徐放性を有するマイクロフェアを施した蛋白合成阻害剤であり、人間のリボソームとは異なる真菌の70Sリボソームのサブユニットと選択的に結合する事で、メッセンジャーRNAの塩基配列情報に従いアミノ酸を転移するトランスポーターRNAの働き...

    記事の続きを読む

  • ジスロマックの副作用の少なさと治療中はコンドームを

    2016年12月4日

    ジスロマックは、マクロライド系のエリスロマイシンを改良したアジスロマイシンを主成分とするDNAポリメラーゼ阻害薬であり、抗菌作用だけで無く抗炎症作用や免疫抑制作用、活性酸素生産能抑制作用などの医薬効果を有する抗生物質です。ジスロマックは、アジスロマイシンにマイクロスフェアを施した事により、胃腸症状の...

    記事の続きを読む

  • ジスロマックの副作用血管障害には医療機関で早期治療

    2016年10月31日

    ジスロマックは、マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とする病原細菌の蛋白合成を阻害することにより抗菌作用を示す医薬品あり、皮膚感染症や呼吸器感染症、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患などの感染症治療に用いられています。作用機序としては、タンパク質を合成するリボソームの50Sサブユニット2...

    記事の続きを読む

  • 妻やカップル間の性感染症にはジスロマックで治療

    2016年10月16日

    ジスロマックは、性行為感染症の性器クラミジアの治療薬と知られる抗生物質であり、主成分のアジスロマイシンの医薬効果によるタンパク質合成阻害効果で抗菌作用を発揮します。ジスロマックは、エリスロマイシンに窒素を付加したアジスロマイシンに徐放性を有するマイクロスフェア製剤法を施した事により、医薬成分の患部組...

    記事の続きを読む