• ジスロマックの副作用血管障害には医療機関で早期治療

    2016年10月31日

    ジスロマックは、マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とする病原細菌の蛋白合成を阻害することにより抗菌作用を示す医薬品あり、皮膚感染症や呼吸器感染症、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患などの感染症治療に用いられています。作用機序としては、タンパク質を合成するリボソームの50Sサブユニット2...

    記事の続きを読む

  • 妻やカップル間の性感染症にはジスロマックで治療

    2016年10月16日

    ジスロマックは、性行為感染症の性器クラミジアの治療薬と知られる抗生物質であり、主成分のアジスロマイシンの医薬効果によるタンパク質合成阻害効果で抗菌作用を発揮します。ジスロマックは、エリスロマイシンに窒素を付加したアジスロマイシンに徐放性を有するマイクロスフェア製剤法を施した事により、医薬成分の患部組...

    記事の続きを読む